歯の治療は虫歯といった治療が多い

歯の治療は虫歯といった治療が多いですが、他にも治療が必要な場合があります。ひとつは事故や怪我によって欠けてしまったり、折れてしまった場合に治療をする事があります。

また歯の色が変色しているので治したい、出っ歯を治療したいなど審美的な要素で治療を行う事があります。一般的に虫歯は物をよく噛む事が多い奥歯にできやすいものなのです。虫歯はその部分を削って埋め物をするという方法になります。

審美的な治療は前歯を治療する事が多いということになります。これらは治療する原因となっているものや歯の場所によって治療方法は変わってきます。また歯の治療の場合は保険の対象であるかそうでないかによって費用も大きく変わってきます。これら治療方法や費用によって判断を行うことになります。最近は歯の治療技術も良くなり、使用する材質も変わってきています。

歯茎の骨に金属の歯根を埋めて治療をする方法や、差し歯もセラミックでできたものがあります。セラミックの差し歯の場合は前歯に使用することができ、メリットとしては白く綺麗であるということと変色しにくいという事があります。このように治療方法によってメリットも費用も変わるため判断が必要となります。

差し歯は神経の治療をする為に歯を大きく削った時などに行われる一般的な治療方法です。適切な治療をすることで自分の本来の歯のような見た目になり、健康保険内で治療できるメリットがありますが、健康保険内で行う治療にはデメリットもあります。
健康保険を使って行われる差し歯治療では、プラスチック製の歯を付けることになりますが、耐久性にやや劣るため、固いものを噛んだ時に割れたりかけたりするケースがあります。又、それだけでなく審美性の面でも保険治療適用外のものと比べるとやや劣ります。

健康保険適用外のセラミック製のものはいつまでもしろく美しい歯を保つことが出来るのに対し、健康保険内で行われる治療の差し歯はコーヒーやワインなどの着色汚れがつきやすく、治療後しばらくすると黄色っぽく着色してきてしまいます。そのため、審美性を優先したい方は健康保険内の治療ではなく、セラミック製の差し歯を選ぶ傾向にあります。

セラミックとプラスチックの利点の両方を持ったハイブリッドタイプも最近は人気で、保険を使って少し割高にはなりますが、美しさを長持ちさせることが出来る上にセラミック製のものより割安なので、人気の治療法です。治療方法は患者が選ぶことが出来るケースもあります。

この記事へのコメント