差し歯にはいくつかの種類があります

差し歯にはいくつかの種類がありますが、保険治療では金属製のものが使われていて、見た目がよくありません。保険外の差し歯は、金属ではなく白い素材などを使うことで、噛む機能と見た目を両立しています。保険外の差し歯は、精密に歯型を取り、ぴったりとした装着を実現しています。

ただ、年齢を重ねると歯茎の位置が下がってしまったり、お口の環境が変わってしまうことがあります。さらに、保険外の差し歯はセラミックなど長期間使うことができる材料が使われていますが、あくまで人工のものなので寿命があります。差し歯の寿命は7~10年ほどだと言われていますが、日頃のケアによって寿命を延ばすことは十分可能です。

20年以上同じものを使い続けている人も少なくありませんが、これは毎日の歯磨きだけでなく、定期的に歯科医院を受診して健診を受けているからこそです。検診を受けることで、悪くなる前にチェックすることができます。検診では、歯のクリーニングも受けることができます。クリーニングは専用の器具を使ったもので、お口の中をさっぱりとするだけでなく、自分の歯はもちろん、差し歯の寿命も長くなり、良い状態で長期間使い続けることができるようになりました。

インプラントは、歯が抜けた時に治療を受ける人がとても多いです。人気があるのは良いのですが、欠点がないわけではありません。第一に、保険適用ではないことです。入れ歯やブリッジの場合は方法にもよりますが、保険適用されることもあります。

しかし、インプラントはどんな方法でも自由診療です。だから、治療費が高額になってしまいます。医療費控除が受けられるので、確定申告をしておいた方が良いでしょう。治療法にも欠点と言っても良いことがあります。手術が必要です。インプラントは人工歯根という意味で、これを歯茎に埋め込みます。だから、安定感があります。あごの骨が少ないと埋め込むことができないので、骨移植することもあります。

難しい状態の場合は、インプラントが受けられる歯科医院であっても断られることもあります。評判の良い歯科医院であれば、難しい状態でも治療法してもらえるでしょう。手術をすると言っても、歯科医院によっては、2回の場合もあります。それだけ、歯科医が違うと治療法まで変わるので、カウンセリングの時にじっくりと手術内容を教えてもらってください。以上が、インプラントで気になることでしょう。これらも頭に入れた上で治療を受けましょう。

この記事へのコメント