インプラント治療について

虫歯や加齢で歯を失うことがあります。そんな時、できるだけ自分の歯に近い状態にできる「インプラント」という治療法があります。これは、歯を失った部分の骨の中に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上部に義歯を付ける方法です。

インプラントが骨の中に入ると骨とくっついて、本来の歯根のようになり自然に噛むことができます。今までは差し歯や、抜けた歯の両端の歯を削って義歯を被せるブリッジという治療が主流でしたが、インプラントなら抜けたり余分な歯を削る必要もありません。虫歯などになっても治療がシンプルで自分の歯のように使えます。しかし、保険適用の治療ではないため自費負担になってしまいます。その相場は30~50万円といわれています。

そしてリスクもあります。まず、骨を削るので部分麻酔が必要となり、それに伴って腫れや内出血が起こることがあります。
また、手術の際に大きな神経や血管を傷つけてしまい大量に血が出たり麻痺が残る場合もあります。それらを防ぐために、事前にしっかり検査や神経・血管の位置を確認する専用のガイドを作成するなどの対策をしています。土台の骨が弱い場合は、人工の骨や自分の骨を移植して丈夫な骨を作ります。

インプラント治療をした後も、定期的に歯科にクリーニングに行ったり丁寧な歯磨きを続けることが大切です。

最近よく耳にするようになった「インプラント」とは簡単に言えば歯の治療法の1つです。歯が完全になくなってしまった場所にネジの用なものを骨の中に埋め込みます。それを歯根として人工の歯を上にはめこんでいきます。良く耳にする「差し歯」との違いはこちらは虫歯になった歯を削って土台にしてその上に人工の歯を被せるということと仕上がりの違いです。

差し歯は徐々に変色していきますが、インプラントはそのようなことはなく本物の歯のように仕上がります。インプラントのメリットはいくつかあります。

元の歯のような感じになるので噛む力もそれほど前と変わらない事やネジを骨に埋め込んであるので歯がぐらぐらすることが非常に少なく安心して固い物でも食べることができます。インプラントの費用についてですが、基本的には保険適用外になりますが、保険適用になる場合もあります。

それは病気や事故などでインプラントでないと元の形に戻すことができないなど、インプラントをしないとどうしようもない場合です。具体的には生まれつき顎骨の3分の1以上が連続して欠損または形成不全であること、病気や外傷によって広範囲によって顎骨が損傷していることです。年齢によるものや歯周病などによる場合は適用外となります。

この記事へのコメント