差し歯の種類とそれぞれの特徴

前歯が古くなって、新しく歯を作りたいと考えている人もいるでしょう。前歯は、目立つ場所なので、セラミックの差し歯を作る人も多く、歯科でもセラミックを使用しているところが多いです。白く丈夫で、美しさをキープできるのも魅力です。セラミックの歯は、長く持つので、経済的にも負担が少ないです。治療は、土台を作るところから始まります。

歯の種類も、プラスチックや、セラミック、銀歯、金歯と、歯を作る場所によって違うので、医師とよく相談することが大切です。前歯は、費用も高くなることもあるので、予算に合わせて作ることも大切です。セラミックや、プラスチック、歯の種類によって値段も異なります。保険が適用になるクリニックでは、土台は数百円から数千円程度で作ることができますが、保険が適用されない自由診療の歯科では、8000円から数万円になります。

事前にクリニックで、最終的に費用がどのくらいかかるか確認しておくことも大切です。保険が適用になる歯科では、まとめて歯を直して、差し歯にした場合でも、医療費控除が対象になります。年度末に確定申告するときに、対象になるので領収書をとっておくようにしましょう。美しい歯を保つために、差し歯を作るときは、医師と相談することが大切です。

日本では、歯を美しく見せるために差し歯にしている人が少なくありません。差し歯は、様々な材料を使って作られます。材料は、保険が適用されるケースと保険が適用されないケースでは異なり、自由診療で作る方が長持ちすることが多いです。保険の差し歯は、費用が安く済むというメリットがありますが、変色しやすく劣化が早いというデメリットもあります。一方、自由診療の差し歯は、それなりの費用はかかるものの、見た目が美しく長持ちします。

そのため、特に女性は自由診療で差し歯を作る人が多くなっています。自由診療で人気がある歯科素材のひとつが、セラミックです。オールセラミッククラウンは、見た目がとても美しいため、女性の憧れです。セラミックは陶器で作られるため、表面が丈夫で食べ物や飲み物で変色することもなく安心です。金属を使った差し歯は、金属部分から成分が溶け出して、歯茎が黒ずむ原因となります。歯茎は、1度黒ずんでしまうと、元には戻りません。

オールセラミッククラウンであれば、歯が黒ずむ心配もありません。金属アレルギーがある人でも、オールセラミッククラウンならアレルギーの心配をする必要がなく、安心して使うことができます。

前歯が事故などで折れてしまった場合、折れたり欠けた部分をしっかり補うためにも差し歯や、クラウンの装着を行う必要があります。一般的に医療費控除を受けることが出来る素材はレジン素材のタイプが多いのですが、保険範囲内で受けられるレジン製の義歯は、低価格で受けることが出来ますし、何より一般的な歯科クリニックで治療を受けることが出来るので普段通っている歯科クリニックで治療を受けられるメリットがあります。

しかしレジン製のタイプは耐久性が低く、長期的に使用することでヒビや割れてしまうなど劣化が早い特徴があります。更に長期間使用することで素材が変色しやすくなるので、長期間綺麗な状態を維持したいという方におすすめなのがオールセラミック製のタイプを装着する方法です。

この素材は保険診療外となっていますので自費で作成する必要があったり、一般的なクリニックではなく審美歯科クリニックなどの美容に特化した治療を行っている医療機関を利用する必要があります。オールセラミック製が人気になっている理由として、芸能人のような真っ白な歯に仕上げることが出来る上に、長期間使用しても劣化しにくく変色が起こりにくいので綺麗な状態を維持することが出来ます。


歯に問題が起こってしまい、差し歯を入れる必要性が生じた際に、保険適用可能な歯を入れるか、セラミック歯を入れるかで悩む人は少なくありません。ですが前歯を差し歯にする場合は特に、セラミック歯を選択する事をおすすめします。もっとも治療費の安さで見ると、当然ですが保険適用される差し歯の方が安く済むものです。

ですが保険適用される差し歯の場合、見た目が幾分不自然な事が多かったりします。しかも変色し易いので、自然な色合いを維持するには、短期間で入れ替えを行う必要が生じる等、何かと面倒さもあるのです。更に保険適用の差し歯には、金属が含まれていたりします。

そのため入れている内に、その金属が溶け出してしまって、金属アレルギーを引き起こす可能性があるのです。その結果、歯茎が黒ずんで見た目が悪くなってしまうので、注意する必要があります。一方のセラミック歯は、確かに治療費は割高になります。

ですが保険適用の差し歯よりも見た目が自然な上に、変色もし難いです。お陰で1度治療を受ければ長持ちさせる事が出来るので、トータル費用で見るとそれ程高くはなかったりします。その上、セラミック歯には金属が含まれていないので、金属アレルギーを引き起こす心配がない点も、大きな利点です。

この記事へのコメント