ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックは、これまでのセラミックより高い強度を誇ります。その為、奥歯など力のかかる部分に使用しても、欠ける心配がないというメリットがあります。

実際に高い強度から、インプラントやブリッジの土台としても採用されるほどです。また、ジルコニアセラミックは劣化や変色を起こさないというメリットもあります。これは口の中の環境の変化に動じず、安定しているからです。しかも透明感があって白い事から、前歯をジルコニアセラミックにする事で、美しい歯を手に入れている方も少なくありません。そこで気になるのは、前歯をジルコニアセラミックにする場合の費用でしょう。

ジルコニアセラミックを使用した治療は、保険の適応外となります。つまり自己負担となる為、審美歯科によって費用は異なり、一概にこの価格であると断定するのが難しいのが現状です。出来るだけ費用を抑えたいという方は、審美歯科のホームページをチェックし、価格を比較検討すると良いでしょう。ホームページには大よその価格が掲載されているとあって、比較材料として非常に役立ちます。さらに、ただ価格だけで決めるのではなく補償期間がどの程度かといった点も、比較検討する事をオススメします。

とても自然な見た目に仕上がるだけでなく、強度もしっかりと兼ね備えている事で人気となっているのが、ジルコニアセラミックです。セラミックの歯は、まるで本物の歯のような自然な見た目に仕上がるだけでなく、汚れが付着しにくく、年月が経過しても綺麗な見た目を持てる事が特徴となっていますが、強度に問題があり、衝撃によって破損する事も多いものでした。

そんなセラミックの歯を作る時に、人工ダイヤモンドとして知られるジルコニアを芯として使い、強度を高めた歯が、ジルコニアセラミックで、前歯の治療等に最適な歯となっています。ただ、保険適用外の治療の為、費用に関して不安を感じる人は少なくありません。

確かに安くない歯ですが、治療費というのは、歯科医院によって大きく変わってきます。治療を受ける前に、ネットで治療費を比較検討する事で、治療の費用が十万円以上変わってくるという事も多くあります。ですから、高いと決めつけるのではなく、まずは情報収集をしておく事がおすすめです。それによって、想像よりも手頃な費用で治療が可能な歯科医院が見つかる事があります。丈夫で綺麗な前歯を作りたいと考えるのであれば、ジルコニアセラミックがおすすめです。

差し歯やインプラントの見た目を綺麗にしたいなら、ジルコニアセラミックの治療を受けると良いでしょう。ジルコニアとは人工ダイヤモンドのことで、通常のセラミッククラウンよりも耐久性が高く、金属アレルギーの心配がない素材なので人気があります。

この治療は保険がきかないため、歯科医院の中には高額の料金を要求するところもありますが、格安でジルコニアセラミックを入れてくれるところもあるので、事前に調べてから足を運ぶことが大切です。歯科医院でジルコニアセラミックの治療を受ける場合の費用相場は、大体13万円程度になりますが、Japan Dental Frontierのような格安のところを選べば、1本47,000円で治療を行ってくれます。基本技術料は何本でも一律25,000円なので、複数の歯を治療もしたい方にもおすすめです。


前歯の場合は特に、口を開けるたびに人に見られてしまうので、変色しやすい歯を入れると、あとで後悔するでしょう。保険がきかない治療ではあっても、ジルコニアセラミックの治療を受ければ、美しい歯を長期間キープできるので、誰かに見られたときに、恥ずかしい思いをしなくて済むようになります。格安の歯科医院を選べば、少ない費用で済むので、これから治療を受けるつもりなら、料金を調べてから予約を入れるようにしてください。

差し歯などの被せものに使われているものにジルコニアセラミッククラウンがあります。これは陶器や陶磁器の素材と同じです。ジルコニアセラミックの歯の素材は、人口ダイヤモンドとも呼ばれています。クラウンとは、被せものという意味です。

ダイアモンドというぐらいなのでさぞ高いイメージがつきますが、ジルコニアの素材は陶器の素材なのでそこまで原価が高いものではないようです。しかし歯医者でジルコニアセラミックの差し歯やインプラントをしたいとなったとき、みためのきれいさを重視する審美歯科という治療になるので保険がききません。全額負担となるのでやはりそれなりに高くなってしまいます。

また、セラミックの歯にはいくつかの種類があります。ジルコニアセラミックのほか、ハイブリッドセラミック、メタルボンドセラミック、オールセラミックなどです。ハイブリッドセラミックは、セラミックと合成樹脂を混ぜあわせた素材で、自然の歯に近い反面、合成樹脂を含むので強度がなく変色しやすいです。

メタルボンドセラミックは、耐久性はあるものの見た目が劣ります。オールセラミックは、合成樹脂を含まないので変色はしません。金属を使っていないのでアレルギーの心配がありません。ジルコニアセラミックは、耐久性があり、金属アレルギーもなく変色の心配がありません。費用相場としては、13万円くらいです。

この記事へのコメント