インプラント治療について

虫歯や加齢で歯を失うことがあります。そんな時、できるだけ自分の歯に近い状態にできる「インプラント」という治療法があります。これは、歯を失った部分の骨の中に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、その上部に義歯を付ける方法です。 インプラントが骨の中に入ると骨とくっついて、本来の歯根のようになり自然に噛むことができます。今までは差し歯や、抜けた歯の両端の歯を削って義歯を被せるブリッジという治療…

続きを読む

差し歯にはいくつかの種類があります

差し歯にはいくつかの種類がありますが、保険治療では金属製のものが使われていて、見た目がよくありません。保険外の差し歯は、金属ではなく白い素材などを使うことで、噛む機能と見た目を両立しています。保険外の差し歯は、精密に歯型を取り、ぴったりとした装着を実現しています。 ただ、年齢を重ねると歯茎の位置が下がってしまったり、お口の環境が変わってしまうことがあります。さらに、保険外の差し歯はセラミッ…

続きを読む

歯の治療は虫歯といった治療が多い

歯の治療は虫歯といった治療が多いですが、他にも治療が必要な場合があります。ひとつは事故や怪我によって欠けてしまったり、折れてしまった場合に治療をする事があります。 また歯の色が変色しているので治したい、出っ歯を治療したいなど審美的な要素で治療を行う事があります。一般的に虫歯は物をよく噛む事が多い奥歯にできやすいものなのです。虫歯はその部分を削って埋め物をするという方法になります。 審…

続きを読む